遺言書作成のお手伝い
HOME(遺言のすすめ) > 遺言は高齢者がするもの?

遺言は高齢者がするもの?

 遺言書は高齢者や死に直面した人が作成するものといったイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、そのようなことはありません。

 高齢の場合は、身体や精神能力の衰えから自分で判断することが難しくなり、また、家族の圧力によって遺言をすることもあり、遺言能力や内容の真意に疑念が生じやすく、その効力をめぐって相続人間で争いになるケースがあります。ちなみに、高齢その他のいかなる事由があっても、遺言は代理人によってはすることはできません。

 遺言書を作成するタイミングとしては、結婚や出産、子供が全員独立したとき、大きな病気やケガをしたときなどが考えられると思います。なお、15歳以上であれば、未成年者であっても親権者等の同意なしで遺言をすることができます。

 自分の死後の家族の生活のことを考えた生命保険のようなものでもあり、高齢者ではなくても、大事な家族のために遺言書を作成されることをお勧めします。

 なお、遺言書を作成した後に家族構成が変化したり財産が増減したとしても、遺言書は何度でも書き直すことができますので心配は要りません。